So-net無料ブログ作成

『逆襲のシャア』『F91』4KリマスターBOX発売、新しい意味の「富野マジック」など。 [富野関係]

 どうも。よろしくごひいきのほどを。

 さて、2月から3月にかけて、色々と富野関連の話題がありました。まだ3月終ってないけれど…

 順不同で、気になった話題をまとめておきました。
 周囲の話題はにぎにぎしいのに、Gレコは映画の続報が出ないですなー。

 では。


銀河万丈さん、「『戦闘メカ ザブングル』の次回予告も個性的でしたね」


 古川登志夫さんと平野文さんがホストを務めているレジェンド声優インタビュー企画。

 3月2日の回は、銀河万丈さんの2回目でした

 詳しくは元記事を読んでいただくとして、この中で銀河さんは・銀河さんと言えば次回予告と言うことでその話題になっていて、流れでザブングルについても触れています。

 「ザ! ブングル」のイントネーションのことも話しています。
 ファンは目の付け所が違うな。目じゃなくて耳だけれど。

 また銀河さんはもともと本名の「田中崇」として活動していたのですが(ダミド・ペッチ!)、銀河万丈名義に変更したことについても話しています。

 銀河さんのwikiでは「富野由悠季により名付けられたという説は誤りであり」とありますが、今回のインタビューではどなたが名付けたのか言及しています。

 そういや銀河さんと言えばさあ…最近漫画家さんとご結婚なさった声優さんが、もう15年くらい前?
 確かアニスパじゃなくてスパラジの時代に、彼女が銀河万丈さんを知らなくて、ぼく驚きながら大笑いして聞いていたんだよな。

 なんかぼく、当時は真に受けて聞いていた記憶があるんだけれど、今考えれば知らないわけないよな。同じ事務所じゃねーか(笑)。


それが声優!  (5) (IDコミックス REXコミックス)

それが声優! (5) (IDコミックス REXコミックス)

  • 作者: 畑 健二郎:作画 あさの ますみ:原作
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2017/12/04
  • メディア: コミック



 浅野さん、お幸せにー! 
 


『逆襲のシャア』『F91』4KリマスターBOX発売


 3月12日付の讀賣新聞朝刊に『逆襲のシャア』4KリマスターBOXのカラー1面広告が掲載されているとの情報を知って、さっそく買い求めました。

 おお、すげー。

読売新聞1面広告.jpg

 富野はじめスタッフの名前がいっさい無いけれど…

 妻子持ち貧乏ライターのぼくは購入を我慢するつもりだったけれど(買ってもそんなに見ないし)、Amazon見たら逆シャアもF91も


ドキュメントコレクション
(100P予定、絵コンテやラフスケッチなど秘蔵資料を収録)


 とある。何それ欲しい…。

 あともう1つ、「4.1ch アドサラウンド音声(ドルビーサラウンド音声成分を分解・再配置し、低音成分を追加した本編音声)」もかなり興味惹かれる。

 ちょっと1度は聞いてみたい見てみたい。資料はほしい。








 アフィリエイトでBlu-ray2枚分稼ぎ出たら買う。

 無理だろ。何年かかるんだ。



亙さんが語る別な意味の「富野マジック」


 バーチャロンの生みの親である亙重郎さんが、インタビューの中で富野作品の影響力について語っています。
 バーチャロンのインタビューなのに、けっこう富野に言及している。
 例えば下記の引用。


「機動戦士ガンダム」の富野由悠季が「大人が見ても恥ずかしくない作品」として,“富野マジック”をかけました。この,時の重みと呪縛。これがいまだに解けていませんよね。


 「富野マジック」と言えば、まあ昔からのファンにはその編集技術……過去回のフィルムを利用して・新しい回を1本作ってしまう技術を指すものだったけれど、最近はあまり聞かないかな?
 Vガンの「幻影に踊るウッソ」以来、富野マジック的な回あったっけ。

 今回のインタビューで瓦さんが語っている富野作品云々は、ぼくのような年齢で富野好きな人間がいうとまた信者がとかおっさんがとか思われるので控えますが。
 でも実は逆で、ちょっと言いすぎじゃないかなとは思っている(笑)。

 ところで瓦さんと富野と言えば、ぼくなどはどうしても両者の対談を思い出してしまうのですが。悪い意味で。
 あの対談での瓦さんは本当に人格者だ。

 興味のある方はこちらなどを。宣伝。
 印象深い富野の対談10選



富野作品『正体を見る』初放送


 CSの時代劇専門チャンネルで富野作品『闇夜の時代劇 正体を見る』が4月に放送されます。

https://www.jidaigeki.com/program/detail/jd11001371.html

 BS・CSでも初放送なんだね。

 しかしこの闇夜の時代劇シリーズ、高橋良輔さんの『甚助の耳』と今西隆志さんの『幕末洛中瓦版』はOVAのみで、TV放送自体が初なのか。

 『正体を見る』はある意味、「下々の者に上の人間の考えは想像も出来ないだろう」という残酷な話なのですが、面白い短編です。

 富野が「小道具1つが物語に影響を与えることもある」みたいなことを話していたのって、この作品でのインタビューだったような?

 ぼくV2ガンダムの武器「光の翼」を見た時に、このインタビューを思い出したんだよね。光の翼は「小道具」じゃないけれど。
 光の翼って1つの武器に過ぎないはずなのに、物語に影響を与えているでしょ。

 ちなみに1999年のムック『傑作アニメ100タイトル あのシーンを忘れない』では、『正体を見る』が取り上げられていて、本作品中のセリフ「舌は物を味わうためにあるものなのだぞ。その棗の中の茶だとて舌と遊びたがっていよう」が紹介されています。

 この記事を書いているのは水民玉蘭さん。ライター紹介のページでは、水民さんの欄に「3月に『富野由悠季全仕事』を刊行予定」と書かれているので時代を感じますね。
 『富野由悠季全仕事』では、水民さんは企画協力としてクレジットされています。

 もう1つちなみに。
 今回『闇夜の時代劇』が放送されるのは、現存する最古の国産アニメ『なまくら刀』制作から100周年を記念してのもので、他に『刀語』や『バジリスク』なんかの時代劇アニメ(?)が放送されます。

 で、その中の1つで『仙人部落』も放送されるのですが、ぼくが前に調べた限りでは「日本初の深夜アニメ」で「初めて大人を対象にしたアニメ」のはずです。
  
 原作はカッパーパールンパッパーのCM絵で(ある年齢より上の人には)おなじみ小島功さんですね。





Vガンダムで富野監督が出てくるシーンはどこなのか


 Gレコの最終回に、富野監督のソックリさんが登場したのは記憶に新しいですが。

 先日『F91』にも富野監督が出演していた情報がツイッターのTLに流れてきました。

 で、さらにVガンダムにも出演シーンがあると、業界の方が発信していたのですが。

 キャラ打ちまでしていたとは。

 ゴメスになんだ? 殴られた?

 どのシーンなのか、皆さんの記憶力や熱意に期待しています(他人任せ)。

 ※追記 ツイッターで情報いただいて判明しました!
 左目の下の特徴まで再現されています。
 

 他にもNHKのガンダム投票やら信憑性の分からない・ある意味ではネットらしい情報やら、森口さんのパチンコZガンダムのCDには『水の星に愛をこめて』のオリジナルバージョンも収録されているとか色々あったけれど眠さには勝てぬ、本稿終り、またいつか。


にほんブログ村 アニメブログへ

マスターアーカイブ モビルスーツ ヴィクトリーガンダム (マスターアーカイブシリーズ)

マスターアーカイブ モビルスーツ ヴィクトリーガンダム (マスターアーカイブシリーズ)

  • 作者: GA Graphic
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2018/03/23
  • メディア: 大型本
鳥籠の少年

鳥籠の少年

  • アーティスト: 森口博子,森口博子,宇佐美宏
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2018/02/14
  • メディア: CD
機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー(5) (角川コミックス・エース)

機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー(5) (角川コミックス・エース)

  • 作者: たいち 庸
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/03/24
  • メディア: コミック
機動戦士ガンダム Twilight AXIS(1) (ヤンマガKCスペシャル)

機動戦士ガンダム Twilight AXIS(1) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者: 蒔島 梓
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/03/26
  • メディア: コミック
機動戦士ガンダム サンダーボルト 11 (ビッグコミックススペシャル)

機動戦士ガンダム サンダーボルト 11 (ビッグコミックススペシャル)

  • 作者: 太田垣 康男
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/02/28
  • メディア: コミック
大河原邦男画集 機動戦士ガンダム MSVスタンダード

大河原邦男画集 機動戦士ガンダム MSVスタンダード

  • 作者: 大河原 邦男
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/02/24
  • メディア: 単行本

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

『デビルマン』は連載が続いていたら、牧村美樹はああなっていなかったかもしれない。それと永井先生による『DEVILMAN crybaby』感想 [アニメ周辺・時事]

 どうも。今回もお付き合いのほどを。
 文字起こし回ですが。

 ラジオ番組『伊集院光とらじおと』2月21日放送回のゲストが永井豪さんでした。

 ぼくは過去のTVアニメもそうだし、今話題の『DEVILMAN crybaby』も見ていないのですが。
 漫画はもちろん読んでいる。教養として…

デビルマン-THE FIRST- (1) (復刻名作漫画シリーズ)

デビルマン-THE FIRST- (1) (復刻名作漫画シリーズ)

  • 作者: 永井豪とダイナミックプロ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/01/27
  • メディア: コミック



 伊集院さんとの話の中で、ちょっと面白いところがあったので文字起こしして残しておこうと思う。

 伊集院さんと永井さんが近所同士とは。

 当ブログで「さらうアニメ史 日本でのアニメの誕生~2010年」を書いた時に調べて、デビルマンがアニメと漫画の同時進行(アニメありき)でスタートしたことは知っていたんだが、終りもまたアニメが終了したため漫画も終りとは知らなかった。

 ファンには常識なのでしょうが。しかし今では信じられんシステムですね。

 では、ちょっと長いけれどテキトー文字起こしです。永井さんの発言部分のみ。
 あ、一応ネタバレあるけど。有名だよね? まあどうしても嫌な方はスルーを。この記事のタイトルでもう駄目だろうけれど。すまんな。でも話したのは永井先生ですから。


 
 最初に東映動画、当時東映動画と言ったんですけど企画部長からお話しいただいて、当時連載が途中で終わった魔王ダンテって作品があったんですね。
 それがあの、雑誌がなくなって終わったんですけども、悪魔ものってテレビでありませんから企画立てませんかって言われて。

 当時のアニメって本当に幼い子向けの可愛らしいものが多いので、そんな悪魔ものの番組なんか作れるのかなと半信半疑で、でもせっかく来ていただいたから作ろうと思って。イメージに沿ってキャラクター作ったんですね。
 そしたらもうこれ主人公としては怖すぎますのでアメリカンコミックのヒーローみたいなもの作れませんかって言われて、魔王ダンテから二転三転してデビルマンのスタイルを作ったんですね。

(伊集院さんが、〔先方の〕ニーズも入れながら、譲れない個性も入れるじゃないですか、と)

 パンツはかしてくれって言われて仕方なくパンツはかせたんですけれど。獣の姿だったんですけれど、仕方がないかということで妥協したんですけども、いざ漫画で描く時になったら少年マガジンという舞台になったので、スーパーマンみたいなパンツはいてるヒーローじゃ無理だなと思って元の狼男みたいな。 下半身毛だらけのキャラクターにして、尻尾まで付けて(笑)。

 全然違う大人向けの作品にしますからということでOKをとったんですよね。

(アニメではややソフトにしたのを、漫画になったらハードに行こうという形。マガジンは大人も読んでいたから、もう1度内容をハードにしたと伊集院さん。「原作のストーリーどうかしてますよね?」)

 そうですね(笑)。あれはね、本当はもっと長く自分で膨らましてやるつもりで、ストーリーをどんどんどんどんスケールを大きくしていったんですね。
 そしたらテレビが予定より早く3クールで終わることになってしまって、そしたらマガジンの方もテレビがやるからってことでやった条件だったので、終らせてほしいっていうふうに言ってきたんですよね。

 そしたら今度膨らませたストーリーをまとめることができないなと思って。
 どうしようかと思った時に、端折るための、ストーリーを端折るための手法がいるなってことに気がつきまして。突然登場人物の飛鳥了が読者に語りかけるような形で。

(衝撃的だった、と該当のコマを説明する伊集院さん。ところでツイッターで指摘を読んで気付いたのですが、「やあ諸君 とうとうここまで わたくしの話を きいてしまい ましたねえ 」って読者に語り掛けてきているの、了じゃなくて明だよね…)

 これから起こることは、一気にすごいことが起こりますよと宣言しようと思って。
 どんどんたたみ込むための前振りとして、ただの物語でなくあなた達にもふりかかりますよってことを表明してる回なんです。

(伊集院さんは、素人は制限があるから・もっと自由だったらって思うんですけど、制限がある中で出していることがあとあと凄いことになった、と理解)。

 そうですね、どこかでそういった枠をぶち破らなければというのは常に思っていましたから、ダメって言われたことをじゃあやってみようって(笑)、反骨精神というのがありまして。

 ことに、最終回直前ぐらいでヒロインが殺されてしまうんですけども、その先に連載続く予定であればできないことだったと思うんですよね。
 あそこで終わって、読者の抗議が来た頃はもう終わってるから(笑)


 以上です。

 つまり、漫画がまだ続いていたら、美樹ちゃんは違う結末を迎えた可能性もあったのかな。
 それともちょっと先延びしただけで、結果は同じだったのか。未完になっている可能性もあるけれども。

 ついでに、原作者ご自身の『DEVILMAN crybaby』の感想も文字起こししておきます。

伊集院さん
「『DEVILMAN crybaby』との関わり方は?」

永井さん
「過去に描き終えてますので、45年経っていますから好きにやってほしいということでね。現代の空気を知っている人が、今風に作り直してくれれば構わないのでということで。

 だからどんな風に書いても納得しますから、ということで全くタッチしないことにしたんです。

 でも作ろうと言ってくれる方が、それぞれ自分のオリジナリティを出したい思うんで、それを引き出させてあげた方があれこれ注文つけるよりは情熱をもって作ってくれるだろうということがありまして。
 ですからもう本当にあなたの好きでいいんですよってことで湯浅監督にお任せしました。

 面白かったですね。表面的に変わっていることがたくさんあるんですけれども、芯の部分というか、伝えたいことはちゃんと伝わっているし、押さえたいところは押さえてくれているので大変納得しました」

 
にほんブログ村 アニメブログへ

DEVILMAN crybaby COMPLETE BOX(完全生産限定版) [Blu-ray]

DEVILMAN crybaby COMPLETE BOX(完全生産限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: Blu-ray
デビルマン-THE FIRST-(ザ ファースト) 2 (復刻名作漫画シリーズ)

デビルマン-THE FIRST-(ザ ファースト) 2 (復刻名作漫画シリーズ)

  • 作者: 永井豪とダイナミックプロ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/02/24
  • メディア: コミック
CONTINUE Vol.51

CONTINUE Vol.51

  • 作者: DEVILMAN crybaby
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2018/01/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
月刊MdN 2018年3月号(特集:ダークヒーローの系譜、その最新形)

月刊MdN 2018年3月号(特集:ダークヒーローの系譜、その最新形)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2018/02/06
  • メディア: 雑誌
画業50周年愛蔵版 デビルマン 5 (ビッグコミックススペシャル)

画業50周年愛蔵版 デビルマン 5 (ビッグコミックススペシャル)

  • 作者: 永井豪とダイナミックプロ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/01/30
  • メディア: コミック

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ