So-net無料ブログ作成
安田 朗 ガンダムデザインワークス

最後のセリフにショックを受けた、ネタバレありの『千年女優』感想・レビュー。~『ひるね姫』を添えて~ [映画感想・実況]

 どうも。どうも。珍しく、現在上映中でもない映画の話なんですけれども。

 先月、昨年録画したままHDの肥やしになっていた『千年女優』を見ましてね。
 初見だったのですが。

 ビックリしました。うわっ、と。ぼくは何故今まで、この映画を見ていなかったのか、と。

 映画の冒頭から興味を持ちまして。芸能界を引退して、長年人前に出ていない大女優の千代子に会いに行く出だし。
 ぼくなどには、千代子の設定は原節子を彷彿とさせましてね。

 監督自身は、原節子と高峰秀子のイメージだったそうですが

 あーだからか。
 原節子を連想したぼくは、「だったら結婚しないでほしいな」と思ったけれども、高峰秀子のイメージも入っているから監督と結婚したのか、と後で納得しました(勿論松山善三監督はあんな人じゃないだろうけれど)。


原節子の真実

原節子の真実

  • 作者: 石井 妙子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/03/28
  • メディア: 単行本



高峰秀子 暮しの流儀 (とんぼの本)

高峰秀子 暮しの流儀 (とんぼの本)

  • 作者: 高峰 秀子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/01
  • メディア: 単行本



 ぼくは、原節子は思いを寄せた相手(矢澤正雄氏)との思い出がある鎌倉で隠遁生活を過ごした、という伝説が好きなので、そのイメージに近い大女優に会いに行く、という導入部で惹かれたわけです。

 他にも、その後の『蜘蛛巣城』まんまの矢が飛んでくるシーンや、同じく『蜘蛛巣城』に出てくる老婆のような妖女の登場、『君の名は』(当然真知子巻きの方ね)を思わせるシーンなど、映画好きをくすぐるシーンが続いてね。
 面白く見進められた訳です。

 何より、(劇中での)現実と虚構、現在と過去を混濁させた展開が見事で、面白くて。

 「視聴者と同じ視点」の役割のはずの立花と井田すら虚構世界に入り込み、しかもなお千代子を追い続ける「カメラ」足りえるという展開が映画・アニメであり得るのか、と。
 すごい、こんなのは見たことないぞ、と感心するやら怖いやら。


 個人的な話ですが、実は『千年女優』を見る数日前に、劇場で『ひるね姫』を見まして。また小説では、平井和正本人が自作の登場人物達に邂逅していく『その日の午後、砲台山で』を読み始めていて。

その日の午後、砲台山で[幻魔大戦スペシャル]

その日の午後、砲台山で[幻魔大戦スペシャル]

  • 出版社/メーカー: e文庫
  • 発売日: 2017/04/18
  • メディア: Kindle版



 偶然ですが、「現実と空想(夢)がリンクしていく」物語を立て続けに摂取していたのです。

 同じアニメ映画で言うと、『ひるね姫』は現実と夢の世界が別々にあって、やがてクライマックスに向けて1つになっていくのに対し。
 『千年女優』は、最初から現実と虚構が混濁して一体となり、時には離れて、またくっ付き、そのまま進んでいく。

 どちらも良かったのですが、ぼくは『ひるね姫』には納得し、『千年女優』には感嘆しました。こんな見せ方があるのか、と。コイツがセンスオブワンダーってやつかいおいおい。

 
 そして何よりビックリしたのが、最後のセリフ、たった一言で成し遂げたどんでん返しですよ。

 『スティング』以来の「やられた」感に打ちのめされました。

 現実と映画の世界を自由に行き来しつつ1人の男を追いかけ続け、最後は宇宙に向かった千代子が「だって私、あの人を追いかけてる私が好きなんだもん」と告白します。


 うわあ。
 

 長年追い続けた男よりも、千代子はおそらく自分を愛していた。
 「万難を排して男を追い続ける私」を演じ続けて、そんな自分を愛していた。

 女優だ! コイツ、私生活まで演技していた、気持ち悪いとすら呼べるような女優だったんだ!

 このセリフは、そのまま『千年女優』というタイトルにも繋がっていきます。

 もうすでに大女優で、歳をとっているのだからおかしな話なんだけれど、「次の大女優」を予感させる若手の登場で終る『イヴの総て』のラストすら脳裏を過りつつ。

 たった一言のセリフでこれほどの衝撃を受けたのは、あまり記憶にありません。

 良かった…見て良かった映画でした。

 よろしければ皆さん見て…って、当ブログに足を運んでくださるようなアニメファンは、とうの昔に見ているんだろうな。

 俺、TVアニメは見ている方だと思うし、映画も人並には見ているつもりなんだが、「アニメ映画」が取りこぼしが多いんだよな…


 ちなみに、ぼくの『ひるね姫』感想は、おおむね下のツイートのようなものでした。








 いや、悪くはなかったです『ひるね姫』。
 冒頭はテーマが露骨すぎて、その時点で少し心のシャッターを閉じてしまったけれども。


富野を知るにはこれを買え


 もしよろしければ、下のブログ村のバナーをクリックしてください。作者のモチベーションがあがったります。
にほんブログ村 アニメブログへ
千年女優 [Blu-ray]

千年女優 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray
KON'S TONE  「千年女優」への道

KON'S TONE 「千年女優」への道

  • 作者: 今敏
  • 出版社/メーカー: 復刊ドットコム
  • 発売日: 2013/10/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
小説 ひるね姫 ~知らないワタシの物語~ (角川文庫)

小説 ひるね姫 ~知らないワタシの物語~ (角川文庫)

  • 作者: 神山 健治
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/02/25
  • メディア: 文庫
ひるね姫~知らないワタシの物語~ (1) (角川コミックス・エース)

ひるね姫~知らないワタシの物語~ (1) (角川コミックス・エース)

  • 作者: 一花ハナ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/04/10
  • メディア: コミック
「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」公式ガイドブック

「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」公式ガイドブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/03/30
  • メディア: 単行本

nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ