So-net無料ブログ作成
安田 朗 ガンダムデザインワークス

8月23日の『伊集院光とらじおと』のゲストは安彦さん。かつての伊集院さんと富野監督の絡みは良かった [アニメ周辺・時事]

 どうも。リアル世界が不調だ・リアルイズヘルだ…仕事くれ。仕事ください。妻子もろとも飢え死ぬ…

 さて、ぼくはラジオ好きで、中でもご多分に漏れず伊集院さんのラジオが昼も夜も好きなわけだが、月曜から木曜毎日を聞き逃さないのはなかなかツライヨー。少しは仕事してるんだよね。

 その昼にやっている『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)の8月23日のゲストが、最近話題? の安彦さんです。大事な聴取率調査週間=スペシャルウィークのゲストの1人として登場です。

https://www.tbsradio.jp/174034

 同番組の公式HPには、


『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザインおよび作画監督をつとめられた安彦さん。
それ以前には、「勇者ライディーン」「超電磁ロボ コン・バトラーV」「ろぼっ子ビートン」「科学忍者隊ガッチャマン」「宇宙戦艦ヤマト」などの作品にも関わられました。 
また9月2日公開の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』の総監督も務められているアニメーション界の巨匠にたっぷりとお話を伺います。


 とあります。

 伊集院さんは、『地球光』のパンフに「二つの道をともに歩むこと」という序文を寄せていて、その文は・ガンダムはファーストしか見てないけれど「(初代と∀の)二つの作品の間を調べるような気分で、そのほかの作品も見ようかと思っている」と結んでいます。

 でも勝手な・根拠のない推測だけれどたぶん伊集院さんは今でもファースト以外見ていない気がするし、安彦さんも『Z』以後の話なんてする気ないだろうから、その点では話が合うかもしれませんね。

 ライディーンやコンVに触れながら、アニメORIGINの話をするんだろうな。

 そういやサンデー毎日がガンダム特集組んだ時、安彦さんが対談相手に伊集院さんを希望したってツイートを見かけたけれど本当かしら? 本当なら理由含めて情報ほしいっす。


 安彦さんと言えば、最近のニュース「“ファースト”ガンダム復活へ 安彦良和氏、節目の40周年に大プロジェクト」がちょっと話題になったわけですが。

 少なくとも偏りのあるぼくのTLでは、批判一色だったけれども。

 つまりはORIGINが今後もアニメ化されるってことなんでしょう。
 実はこの話題って、今回が初めてではなくて・6月にはアニメイトタイムズが記事「アニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、一年戦争本編も描かれる!? 『原点 THE ORIGIN-戦争を描く,人間を描く』安彦良和先生サイン会&トークショウレポート」の中で触れているんだけれども。

 でも本気でORIGINを新しいスタンダードにしたいのなら、発表場所が今のOVAじゃ無理、TVは絶対条件だよなあ。
 ぼくは、作画がひどくても、それも含めてファーストでいいっす。時代とのマッチングもあるしね。

 ただ、ひょっとしたらORIGINが今後の「ガンダム代表」になる可能性はあるし、




 メーカーは何としてもガンダムブランドを途絶えさせるわけにはいかないだろうから、会社員としては当然の取り組みなんだろうな、とも思っています。諦めの夏。

 しかし…ツイッターのぼくは感情的だな。生の感情丸出しで(以下略)

 
 ちなみに伊集院さんは、かつて富野監督とも対談しています。

 ∀の時代に、BSの番組「元旦ガンダム」で。このタイトル、確か深夜ラジオで伊集院さんイジっていたような。

 そして富野監督のことは「難しいおじさんだけれど」みたいに言ってなかったっけ(記憶あやふや)。

 まあこの対談に関して伊集院さんがラジオで話した内容は、司会の人が女装しているのに、そのことには触れるなとスタッフから言われたってことだよね…
 
 伊集院さんが月曜午前1時からやっている『深夜の馬鹿力』ではガンダムネタは時おり出てきて。
 「トリプルドムみたいな体型の女にボコられた」というネタや、何よりポスト司馬遼太郎としての「ガンダム社長」というコーナーもあったくらい。

 富野監督自体をネタにしたのは…コーナー「少しおもしろい」の


英語の教科書の例文より:「あれは蜷川幸雄ですか?」「いいえ、富野由悠季です。」


 以外になんかあったっけ?(botが役だった)。あと2・3回あったような気がするな。

 「元旦ガンダム」の対談自体は、面白かったです。おそらく富野監督も伊集院さんのことを下調べしたのだろう、落語に絡めて話したりね。

 今回の安彦さんとの対談も、面白い話が出たらいいな。


 これで書きたいことは全部書いたかな…
 
 今回の放送。
 伊集院ファンのぼくとしては、お得意の「今の言葉大事なことがあるような気がする」と「分かるような気がします」を言うか、楽しみながら聞くことにします。


 そういや安彦さん、『ミュ~コミ+プラスTV』にも藩ちゃん(娘さんの方なので「ちゃん」)と出ます。
 アニマックスだけれど・契約していなくても、スカパー契約者なら初回放送の25日金曜は、BSスカパーで無料で見れるよー。




 もしよろしければ、下のブログ村のバナーをクリックしてください。作者のモチベーションがあがったります。
にほんブログ村 アニメブログへ
オーシャンと11人の仲間 特別版 [DVD]

オーシャンと11人の仲間 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD
原点 THE ORIGIN

原点 THE ORIGIN

  • 作者: 安彦 良和
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2017/03/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ヤマトタケル (4) (角川コミックス・エース)

ヤマトタケル (4) (角川コミックス・エース)

  • 作者: 安彦 良和
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/02/25
  • メディア: コミック
安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」

安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」

  • 作者: 安彦 良和
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2013/05/31
  • メディア: 単行本
クラッシャージョウ Blu-ray BOX

クラッシャージョウ Blu-ray BOX

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: Blu-ray
アリオン Blu-ray

アリオン Blu-ray

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント