So-net無料ブログ作成
検索選択
湖川友謙 サンライズ作品画集(仮)

荒井晴彦さんの『君の名は。』『この世界の片隅に』への発言が注目を集め始めているわけだが。 [アニメ周辺・時事]

 久しぶりです。今年初の記事だ。今年もよろしくお願いします。

 急遽書いた記事です。

 現在ツイッター上で、あきた十文字映画祭のチラシに掲載された荒井晴彦さんのコメントが話題になっています。

 


 うは。まあ、観客(視聴者)をバカにすることがあるのは、ぼくは「オタクの短所」と思っているのですが(フフン、あんな作品を面白いと思うなんて)。

 ぼくも思うことある。ニヤニヤ。
 
 wikiによる荒井さんのプロフィールはこちら

 このコメントを読んで、ぼくが真っ先に感じたのは以下のことです。











 正直両作品とも、オタク以外にも受けたからこれほど話題になっているはずなんだが…まあ、とにかく気に食わないんだろう。

 ちなみに「平均年1回ちょっとしか映画館に行かない状況」ってのは、年間平均観賞本数のことです

 ところで70年代から80年代に制作された角川映画も、邦画シーンに話題を提供したのに大量宣伝や作品の質についてさんざん批判されたはずだが。

 


 ここまで書いといてなんだけれど、荒井さんの言っていることも気分としては分からなくはない。飲み屋で愚痴る内容としては。

 でも、映画に興味を持った人や・普段はアニメしか見ない人達を上記の2作はせっかく入口に誘導してくれたんだから、業界の人達がやるべきは罵倒じゃない、誘導だよね。
 映画界を思うなら。

 ただのファンなのに、SNSで関連付けて他作品を紹介している人達もいるよ。




清作の妻 [DVD]

清作の妻 [DVD]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2015
  • メディア: DVD



 まあ最近は炎上商法がブームらしいから、盛況になると良いね、あきた十字映画祭。
 上映作品には富野が褒めた『団地』もあるし、ツイッターで相互フォローしてもらっている監督さんの『貌斬り KAOKIRI~戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より~』もあるし。

 もっと多くの人に多くの映画が見られるといいね。

 

富野を知るにはこれを買え


 もしよろしければ、下のブログ村のバナーをクリックしてください。作者のモチベーションがあがったります。
にほんブログ村 アニメブログへ

世界シネマ大事典

世界シネマ大事典

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三省堂
  • 発売日: 2016/12/09
  • メディア: 単行本
デルモンテ平山の「ゴミビデオ大全」 (映画秘宝セレクション)

デルモンテ平山の「ゴミビデオ大全」 (映画秘宝セレクション)

  • 作者: 平山 夢明
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2017/01/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 まで

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 まで

  • 作者: 町山 智浩
  • 出版社/メーカー: 集英社インターナショナル
  • 発売日: 2016/10/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
死ぬまでに観たい映画1001本 改訂新版

死ぬまでに観たい映画1001本 改訂新版

  • 作者: スティーヴン・ジェイ シュナイダー
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2015/01/10
  • メディア: 大型本
映画の間取り

映画の間取り

  • 作者: WOWOW「映画の間取り」編集部
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2016/10/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.2

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.2

  • 作者: 伊集院 光
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2016/11/25
  • メディア: 単行本

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。