So-net無料ブログ作成
安田 朗 ガンダムデザインワークス

『マツコ&有吉の怒り新党』の「新・三大○○」でザンボット3登場 [富野関係]

 えー、深夜4時にこんばんは。

 仕事でもないのに、こんな時間まで起きている大人はろくなおっさんじゃありません。若者の皆さんは、こんなオッサンにならないように。

 水曜の夜か。

 TVバラエティ『マツコ&有吉の怒り新党』内のコーナー、「新・3大○○」のテーマが、今週は「日本人が知っておくべき! 新・3大『無敵超人ザンボット3』の切ない戦い」でした。

 ザンボットきた!

 ぼく、『マツコ&有吉の怒り新党』自体はそんなに好きじゃないんですが、このコーナーは面白くてね。毎週リアルタイムで見ていたんです。

 録画するほどじゃないけれど、家にいたら見る、くらいのスタンス。

 ただこの日は、レイトで『プロメテウス』を見に行っていたので。

 映画終ったのが午後11時半過ぎ。
 「えー、『2001年宇宙の旅』かと思ったら『エイリアン』?」とちょっと頭がクラクラしつつ、劇場を出て、地下鉄待っている間に・何気なくツイッターを覗いたら。


 「今夜の怒り新党でOAされるという「新・3大切ない無敵超人」……いったい無敵超人何ボット3のことなんだ…… 」


 って亜方透さんのツイートが、ぼくのTL上でリツイートされていて。


 ぎゃあああああああ。見たい!

 慌ててカミさんにメールして「録画、いいから録画。早く!」と。


 おかげ様で見ることが出来ました。

 持つべきは良質なフォロワーさんとカミさんですね。

 さて、この「新・3大○○」、最近ネットで「選者への報酬がない」「アンケートだけならまだしも、文章まで無料で書かされる」「さらに対応が悪い」などなど記事が出ていましたが。

 今回の選者は前出の亜方透さんと、ご存知・氷川さん。


 有吉さんとマツコさんはVTRを見て、「ちゃんとしている」「(最近同コーナーで取り上げた)チャージマン研!の後だから…」「(コンピュータードールのアイディアが)早いね」などと話していました。


 選ばれた「切ない戦い」は


 第5話 「海が怒りに染まる時」

 第17話「星が輝く時」

 第23話「燃える宇宙」


 です。
 
  「海が怒りに染まる時」は、金田伊功さん初参加回。

 まあ、「助ける・守るべき存在である市民に、神ファミリーが迫害される」ってのは、『ザンボット3』を語る時に不可欠な要素なので、この回は入れざるをえないかな。

 特に「不特定多数の人に、TVで紹介する」ってことを考えるとね。


 「星が輝く時」は、このブログを読んで下さっている方には説明不要ですよね。

 一見、ロマンチックなタイトルでありながら、内容はアレですよ。

 TV受けを考えたら、幼馴染のアキが死ぬ「アキと勝平」を選ぶ手もありそうだけれど、このチョイスはナイスですよね。
 ナイスチョイス。

 『ザンボット3』全編の中で、ぼくは「星が輝く時」が一番好きです。

 人として正しい行動をとろうとする、でも恐怖に負けそうになる。

 その弱さ・揺らぎが描かれているから、好きなんですよ。


 人間爆弾の群れ、逃げようとする浜本を押さえる慌しい動き。
 逃げるのも、それを押さえるのも爆弾になった人達。


 そして、「爆弾になった者を、人様のいるところにやるでない!」。
 
 このセリフ、よく考えついたよなー。
 
 人間爆弾になりたくてなったわけでもないのに、まるで彼ら・彼女らに罪があるような。


 でもこれってさ、まあ、現実世界にも。
 このセリフでぼく、特定の病気を連想するんだよね。

 
 うん。

 ま、この回をセレクトしたのはナイスだと思います。


 で、最終回を選ぶのは仕方ないかもね。
 最終回を紹介しなかったら、TV番組として不親切だもんね。


 ぼくは、あんまり最終回好きじゃないんです。

 宇宙太と恵子の特攻シーンとか。
 15歳と14歳の少年少女なのに、格好良すぎる。

 浜本のような「揺らぎ」が欲しいんです。
 
 まあ宇宙太・恵子は、睡眠学習で恐怖の感情が除去されているせいかもしれないけどさ。


 ぼくは「切なさ」で言えば、

 第19話の「明日への脱出」を選びます。

 ザンボットの潜行深度を遥かに上回る深海(深海なのに上回るとはこれ如何に) に潜むバンドック。

 なす術もない勝平は、ただただ深度1万メートルの・もちろん見えないバンドックに向かって、闇雲に岩を落とす。
 その余りにも無力な姿。


 完全に「ヒーローの否定」ですよね。

 あのザンボエースと勝平の姿こそ、「切ない」と呼ぶにふさわしいと思います。


 ちなみにぼくが考える富野作品の「新・3大ヒーローの否定」は、



 1、ザンボットの、この石を投げ込む姿

 2、万丈の「ビューティ、死ぬ時はひと思いに殺してやる。苦しまずにな」

 そして何と言っても、ロザミアのサイコ・ガンダムに追われたカミーユの、

 3、「誰でもいい、助けてくれ!」


 ですね。主人公なのに! 格好悪く助けを求めている! って言うね。

 もう1つ、

 「皆殺しの富野」(久しぶりにこの言葉書いたな)らしく、富野作品の「新・3大死の描写」なら

 1、ザンボットの浜本

 2、アーシュラちゃん

 3、ウッソのママ


 の3本でーす。じゃんけん、ぽん! サザエさん風。

 ちなみに、これはいずれちゃんと書こうと思っていますが、アーシュラちゃんの死の描写が残酷なのは、「首が飛んでいるから」だけではありません。

 彼女のための「特別な時間・描写が用意されていない」からです。

 だから同じく首が飛んでも、キッチンはアーシュラちゃんのそれほど残酷ではないのです。

 ちなみに今回の番組では、

 「富野監督は味方やレギュラーメンバーが死なないなんて、そんな都合のいい戦争・大災害などあるわけ無いという考えから、こういったストーリーにしていったそうです」

 と紹介がありました。


 この紹介、双葉社の『ザンボット3・ダイターン3大全』から取ったのは間違いないと思うけれど、このセリフ、実は続きがあります。
 以下引用。

 

 でもね、実はその辺の「生っぽい感情」(ブログ主注・人が死んでいく物語)は、強く演出したかったわけじゃないんです。

 当時、既に十数本の巨大ロボットシリーズが出ていて、どれも結構人気があった。でも、視聴者はそういうものに慣れていた。で、僕は作り手がそういう環境に漫然と妥協する姿勢がいいことだとは思えなかった。だから、今言った「パターン破り」テーマをメインに据えることで、新鮮なセリフ、新鮮なリアクションを生み出せるようにした。
 
 (中略)

 あとね、こういう物語造りをすると、セリフが長くなるでしょ。そうすると、アクションシーンの枚数が少なくできるんです。(同書14~15ページ)



 ここら辺の・現実的なアニメ屋としての側面と、強烈な作家性の融合が、富野の魅力ですよね。
 


 

富野を知るにはこれを買え

ツイッター上での富野関連情報が一目で分かるブログ

こちらの関連記事も読んで下さると嬉しいです。




 もしよろしければ、下のブログ村のバナーをクリックしてください。作者のモチベーションがあがったります。
にほんブログ村 アニメブログへ ツイッターはこちら

20年目のザンボット3 (オタク学叢書)

20年目のザンボット3 (オタク学叢書)

  • 作者: 氷川 竜介
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 1997/08
  • メディア: 単行本
無敵超人ザンボット3 (サンライズ・ロボット漫画コレクションvol.3)

無敵超人ザンボット3 (サンライズ・ロボット漫画コレクションvol.3)

  • 作者: 鈴木良武
  • 出版社/メーカー: マンガショップ
  • 発売日: 2011/04/23
  • メディア: コミック
ザンボット3&ダイターン3(スーパーロボット (アクションコミックス)

ザンボット3&ダイターン3(スーパーロボット (アクションコミックス)

  • 作者: 板橋しゅうほう
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 1998/11
  • メディア: コミック
無敵超人ザンボット3 DVDメモリアルボックス

無敵超人ザンボット3 DVDメモリアルボックス

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD
超合金魂 GX-53 無敵鋼人 ダイターン3

超合金魂 GX-53 無敵鋼人 ダイターン3

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
浪曼堂 無敵超人ザンボット3 キングビアル【ビアルⅠ世】

浪曼堂 無敵超人ザンボット3 キングビアル【ビアルⅠ世】

  • 出版社/メーカー: 浪曼堂
  • メディア: おもちゃ&ホビー
浪曼堂 無敵超人ザンボット3 キングビアル【ビアルⅢ世】

浪曼堂 無敵超人ザンボット3 キングビアル【ビアルⅢ世】

  • 出版社/メーカー: 浪曼堂
  • メディア: おもちゃ&ホビー
スーパーロボットNO.10 無敵超人ザンボット3

スーパーロボットNO.10 無敵超人ザンボット3

  • 出版社/メーカー: 青島文化教材社
  • メディア: おもちゃ&ホビー
超合金魂 GX-23A ザンボット3 ザンボエース 誌上通販限定

超合金魂 GX-23A ザンボット3 ザンボエース 誌上通販限定

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア:
サンライズロボットセレクション Vol.1 全5種類コンプリートセット

サンライズロボットセレクション Vol.1 全5種類コンプリートセット

  • 出版社/メーカー: バンダイ / BANDAI
  • メディア: おもちゃ&ホビー
サンライズロボットセレクション Vol.2 全6種類コンプリートセット

サンライズロボットセレクション Vol.2 全6種類コンプリートセット

  • 出版社/メーカー: バンダイ / BANDAI
  • メディア: おもちゃ&ホビー
サンライズロボットセレクション Vol.1 単品

サンライズロボットセレクション Vol.1 単品

  • 出版社/メーカー: バンダイ / BANDAI
  • メディア: おもちゃ&ホビー

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0