So-net無料ブログ作成
検索選択
HG 1/144 ガンダム G-セルフ (パーフェクトパック装備型) (ガンダムGのレコンギスタ)

TBSラジオ社長のJUNKに関する発言で、なんか忘れかけていたことを思い出した [ラジオの話]

 お久しぶりです。よろしくお願いします。

 今日はアニメではなく、ラジオの話です。ちょっとツイッターでも呟いたのですが。


 ネット上でも、TBSラジオのJUNK好きの中でちょっと話題になっていた記事。

 TBSラジオ&コミュニケーションズの加藤社長、JUNKメンバーへの不満。

 つまりは、「ラジオの使命はまだ発掘されていない人を見つけて、世間に紹介していくこと。それなのにJUNKのメンバーは有名タレントばかりじゃないか」という趣旨。

 
 ネット上では思ったより、批判的な意見が多かったようだけど。

 ぼくはツイッターで3回に分けて、


 言っていることは、分かる気がする。俺が聞いていた時代のANN(特に2部)はそうだったもんなあ=名前も知らない人が有名になっていく。

 TBSラジオの加藤社長の発言って、古田新太も電グルもTPDもTMRも加藤いずみも橘いずみも、そしてもちろん伊集院も、全てラジオから知った俺にとっては、ごくごく当たり前の意見なんだが。

 誰かが「名前も聞いたことのない奴のJUNKが始まったって誰が聞くんだよ」みたいなことをツイートしていたけど、昔のANN2部って、それが当たり前だった。今のJUNKは好きだけど、「新しい伊集院」が生まれる土壌がないのも事実。


 と書いたけど。今もそう思っている。

 というか、「知らない人をラジオで知る」って状況は、アニラジ関連では今でもそうかも、ぼく。若手の声優さんとか、ラジオで名前を知ることが多いし。

 井上社長が言う「(才能ある無名な人を)見つけてくるのがラジオだと僕は思うので。(中略)で、ラジオで売れたらTVに差し上げる」っていう役割を、昔は間違いなくオールナイト・ニッポンが負っていた。

 でも、今のANNはアレだから、その役割はJUNKが負うべきなのかな、って気はしないでもない。

 JUNK好きとしては、今のメンツで聞いていたいんだろうから、反対する気持ちも分かるけど。

 まあANNも1部は普通にメジャーどころをパーソナリティーにしていたんだから、JUNKも実験枠みたいな姉妹番組作るといいかもね。
 ラジオ好きにとって、ラジオスターが生まれるのは嬉しいことだから。


 当ブログ的に、ちょっとアニメ寄りに書けば。

 『スパラジ!』(アニスパではない)の1回目から、リアルタイム・ネット放送でリアルタイムと言うのもヘンだけど・で聞いていた身としては、やっぱり鷲崎さんは一番最近生まれたラジオスターと言っていいよね?

 大穴のラジオスターは国会王子こと武田記者だけど。


 ちなみに繰り返しになりますが、「名前も知らない奴のラジオを聞いたって面白くない」って意見は、間違えているよ。

 ANNの2部は、聞いていくことでパーソナリティーを「知っていった」んだし。


 何より。

 伊集院の番組を別格にすれば。

 ぼくが今までで一番好きだったラジオ番組は、シロウトの浪人生2人組のANNだったのです。

 松永並子さんと北原ゆきさん。

 本当に好きだった。青春の思い出です。


 珍しく、明日も更新します。

 

富野を知るにはこれを買え


 もしよろしければ、下のブログ村のバナーをクリックしてください。作者のモチベーションがあがったります。
にほんブログ村 アニメブログへ ツイッターはこちら

ラジオの教科書

ラジオの教科書

  • 作者: 花輪如一
  • 出版社/メーカー: データ・ハウス
  • 発売日: 2008/10/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ラジオな日々

ラジオな日々

  • 作者: 藤井 青銅
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/04/11
  • メディア: 単行本
ラジオの魂

ラジオの魂

  • 作者: 小島 慶子
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2011/03/18
  • メディア: 単行本
ラジオにもほどがある (小学館文庫)

ラジオにもほどがある (小学館文庫)

  • 作者: 藤井 青銅
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2011/04/06
  • メディア: 文庫
ラジオが好き!

ラジオが好き!

  • 作者: 村上 信夫
  • 出版社/メーカー: 海竜社
  • 発売日: 2010/11
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 2

MasaruS(ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!)

先日は、拙ブログへのコメントでTBSラジオ加藤嘉一社長のインタヴューを含む記事についてご教示くださりありがとうございました。

この件については、まだウチのブログでは触れていないのですが、基本的に私も坂井さんと同意見で、加藤社長の言っていることは正論だと思っています。ラジオずきとしては、加藤社長の「テレビに差し上げる」という言い方にはちょっと引っかかりましたが、おそらく言葉の綾で、「ラジオ発でメジャーになっていく」という程度の意味でしょう。

メディア・プロデューサーの入江たのし(「AVANTI」の「入江さん」)がTwitterで、「無名だけどラジオで無茶苦茶やる人か、有名だけどラジオでは別の顔を持つ人」と発言していました。しっくり来る表現だなぁと思いました。
http://twitter.com/#!/TanoshiIRIE/status/121458919825620993

以上、取り急ぎお礼を兼ねて。

追伸
実を言うと、私も「スパラジ!」聴いてました。「無名だけどラジオで無茶苦茶やる人」と「無名だけどラジオで巧くやる人」の名コンビで面白かったですね。「アニスパ!」はオープニングだけたまに聴くことがあります。
by MasaruS(ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!) (2011-10-16 00:09) 

坂井哲也

MasaruSさん、コメントありがとうございます!

>ラジオずきとしては、加藤社長の「テレビに差し上げる」という言い方にはちょっと引っかかりましたが

そうですね、それ以外は納得できる内容でした。

伊集院は「有名だけどラジオでは別の顔を持つ人」なんでしょうね。


以前、アニスパ!についてMasaruSさんが書いていらしゃった記事は拝読しましたが、スパラジ!から聞いていたとは。守備範囲の広さには頭が下がります。
by 坂井哲也 (2011-10-16 15:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。