So-net無料ブログ作成
検索選択
安田 朗 ガンダムデザインワークス

『爆笑問題カーボーイ』メール1グランプリ [ラジオの話]

次回はアニメの話題を書きますので、今回はラジオの話をさせて下さい。

 もう1月中旬なのに、ずほらなぼくは、年末のラジオについて今さら書きます。
 ま、いいよね。もともと20年30年前のアニメを語るブログなんだし。

 TBSラジオ『爆笑問題カーボーイ』で年末恒例のメール1グランプリ(略してM―1)が放送された。リスナーの投票で選ばれた5人の常連ハガキ職人が、ネタの面白さを競う企画です。

 藤田はるさん、優勝した! 応援していたので嬉しいス。

 深夜ラジオを聞き始めて約20年、ハガキ職人数多くいれど、藤田さんほどタレントの好みや自身の境遇・去年は性的嗜好まで晒した人はいなかったと思う。
 そして、それが認知されているのが凄い。

 今回のメール1グランプリでは、お題「漫才」のサゲに、大いに笑わせてもらいました。
 あのサゲは、「(素人なのに)自分のことを分かって貰っている」という自信がなければできないもので、まさしく藤田さんにしかできない素晴らしいものだったと思います。

 それ以外では、ファンタスティック原田さんの「妙にヘンだな~」のネタが秀逸でした。本当にファンタスティックで、かなりシュールな世界に誘われました。

 応援していた職人さんは、藤田さんと、それから公園のロケットさんです。

 公園のロケットさんはブログを定期的に読んでいて、勝手に親近感を持っているので。

 特に「M1出たいです。そもそもこのブログを始めたのはカーボーイのM1に出たいという思いからなので」と書いていたのには、チョイと痺れました。カッコイイ。

 最後に。

 このM1の優勝者は、なぜかその後一線から退くパターンが多いのですが、藤田さんはその心配がなさそうで良かったです。

 何しろ藤田さんの一番凄いところは、10年間に渡って面白いハガキを送り続けているところにあるのですから。


 

富野を知るにはこれを買え


 もしよろしければ、下のブログ村のバナーをクリックしてください。作者のモチベーションがあがったります。
にほんブログ村 アニメブログへ
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)

タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: カート・ヴォネガット・ジュニア
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2009/02/25
  • メディア: 文庫
大恐慌時代―爆笑問題の日本原論〈6〉

大恐慌時代―爆笑問題の日本原論〈6〉

  • 作者: 爆笑問題
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2009/09
  • メディア: 単行本
日本文学者変態論―日本史原論

日本文学者変態論―日本史原論

  • 作者: 爆笑問題
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本
こんな世界に誰がした―爆笑問題の日本原論〈4〉 (幻冬舎文庫)

こんな世界に誰がした―爆笑問題の日本原論〈4〉 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 爆笑問題
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2009/08
  • メディア: 文庫
田中裕二(爆笑問題)の「ザ・ガール」

田中裕二(爆笑問題)の「ザ・ガール」

  • 作者: 田中 裕二
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2009/06/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。