So-net無料ブログ作成
検索選択
安田 朗 ガンダムデザインワークス
前の2件 | -

富野アニメの食事の変遷~やっと美味しそうな食事が出てきたGレコ [富野関係]

 どうも。
 このブログではあまりキャプチャを貼ることはしないのですが、今回は内容上やむを得ぬ。ふんだんにキャプチャを貼っての記事となります。

 ちなみ面倒な奴現れたら面倒なんで書いておくけれど、旨そう・まずそうは勿論ぼくの主観だからね。ではよろしくお願いします。


 アニメでは色々と印象深い料理が出てきます。
 ハイジの食事とか、料理ではなくて食材だけれどキャベツとか…

 いまだに「アニメのあの肉」を言うおっさんって鬱陶しくない? ぼくもおっさんだけれど。

 富野ガンダムにおける料理がうまくなさそうと喝破したのは、確か長嶋有さんだったと記憶しています。

KINO Vol.02 思考としての『ガンダム』

KINO Vol.02 思考としての『ガンダム』

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2006/07/25
  • メディア: 大型本



 ぼくが富野アニメで「食事」と言えば・真っ先に思い浮かぶのは、『ガンダム』における例の爺さんが子どもの食事を盗むシーンと、

盗む.jpg


『イデオン 発動篇』のデク「死ぬかもしれないのに、なんで食べてんだろ? 俺」ですね。

発動篇.jpg

 まあ、美味しそうじゃないよね…

 ちなみに上のパンを盗むシーン、皿が空になっているはずなのに、次のカットではパンが現れている。

盗む・ある.jpg

 爺さんがアムロをからかっただけだったりして(笑)。いや冗談です。作画ミスだよね。

 このシーンでは一般人の食事とは違い、アムロにはパイロット用の食事が支給されているわけですが、それが下の画像です。

食事1.jpg

 うん、まずそうだね。なんだ、この茶色のものと・海苔っぽいものは。

 つまりは優遇されているパイロットでさえ、「この程度」しか支給されていない食糧事情ってことですよね。

 ぼくは、富野監督は「食事の描写には興味がない」と思っている(た)けれど、それとは別に「まずそう」なことには作劇上の理由があるんですよね。

 『ガンダム』で、不足している食料の描写というと、下のシーンもありますね。

食事2 19話.jpg

 アムロはバーのような場所にも関わらず、硬いパンと水を食べています。

 安っぽい食事に、視聴者は「金がないのかな?」とも思うわけですが。
 この後に「旨いもの」をリクエストするランバ・ラル一行→しかしマスターは食材があまりないことを話す。これにより、地球の・少なくともこの地域では、食料が不足していることを視聴者は理解するわけです。


 さて現在のアニメなら、戦闘時の食事というと・早急に栄養がとれるゼリー飲料のような描写になると思いますが、『ガンダム』『イデオン』の時代ではパンが多いですね。

食事6 36話.jpg
食事10 3話.jpg
食事9 10話.jpg

 中の具材はなんだろう…

 食事じゃないけれど、『イデオン』にはこんな飲み物も出てきます。

食事5 38話.jpg

 コーヒーじゃない、ワインだよ(笑)。

 これはぼくの大好きな、ギジェとシェリルがワインを飲む・退廃感溢れるシーンなんだけれど、このまずそうなワインで、そしてワイングラスではなく普通のコップだから良いんですよ。

 このコップでまずそうなワインだからこそ、このシーンを引き立てるんです。断言。

 さて爬虫類を食うような『ザブングル』や、『ダンバイン』『エルガイム』をジャンプして、『Z』に行きましょう。
 見てください。

食事3 17話.jpg
食事4 31話.jpg

 上のお子様ランチは、設定上の都合じゃなくて、単なる作画の問題だよな? これも食糧不足云々を考えるべき?
 チェーミンがご不満そうな顔をしているのは気のせいだろうか…

 ぼくが、富野が食事(描写)に興味が無いと思っていたのはここら辺なんだよね。

 勿論TVシリーズと映画の違いはあるけれど、宮崎作品ってパンに目玉焼きを乗っけただけでも、インスタントラーメンでもすごく旨そうでしょ?

 富野作品の食事って、まずいべき食事はまずそうで、そして旨いはずの料理もまずそうなんだよね。
 あ、下のソフトクリームは普通だけれど。良かったね、サラ。カミーユ、貧しい青春って言うな!

 それにまあ、ガンダムシリーズなんかはともかく、例えば『ダンバイン』で、異世界に来たのにショウはおにぎりも味噌汁も懐かしがったりしないでしょ。
 
 食なんて、地上界とバイストン・ウェルの違いを表すのにうってつけの要素のはずなのに、そこはスルーなんだよね。
 
 だから富野は食に興味ないと思っていたわけだけれども。

 ソフトクリームと言えば、『Vガンダム』ではパフェが出てきます。

12話3.jpg

 12話「ギロチンを粉砕せよ」ですね。ファラにご馳走してもらうスージィ。
 この回は他にも食事シーンがあります。

12話1.jpg
12話2.jpg

 またサンドイッチ食ってやがる。

 スージィのパフェは美味しそうだけれど、この肉はなあ…

 さてそんな富野アニメですが、『ブレンパワード』でついに、美味しそうな料理…じゃない、食材が登場しました。

 そう、トマトです。

 何回か出てくるけれど、最終回から。

食事7 4話.jpg

 『ブレンパワード』には「豚汁」なんかも出てくるんだけれど、それはセリフだけで実際に画面には出てこないんですよね。そこも(以下略)。


 次は『キングゲイナー』での食事シーン…なんだけれど、この時かなあ。

 漫画版『キングゲイナー』の巻末で、ロケハン時のエピソードと絡めて富野が「本場のボルシチは味が違う」と言っていた、みたいなエピソードが出るんだよね。

 それを読んでぼくは、「え、食に興味あるの?」と思ったのですが。

 実際に劇中にボルシチが登場するシーンがこれです。

本心.jpg

 ボルシチ映ってない!

 いや、分かるよ。吹雪いている外なんだから。魔法瓶的なものに入れるのは。

 でもぼくは、こういうところに「興味のなさ」を感じるんですよ。

 だから、ゲイナーとアデット先生(この時はまだ先生じゃないけれど)がワインで乾杯するシーンでも、テーブルに乗っているのはパンとスープなんですよ。

3wa.jpg

 パン! パン! パン! あんたパンしかないのかよ!(『愛・おぼえていますか』における輝の「任務!(以下略)」のトーンでお読みください)。

 まあエクソダスを目論んでいてそんなに食料もないだろうからね(実際この乾杯直後に薬が無い話題になる)、美女とワインを乾杯してもいきなりスープとパンなのかしら。
 雄山先生なら席を立って帰るところではないでしょうか。
 

 ついでに1話目、牢屋でゲイナーが食っているパン。『ガンダム』時代よりは旨そうだ。

1話.jpg

 しかし些細なシーンですが、『キングゲイナー』でも美味しそうな食事…いやお菓子が出てきます。

 アナ姫様が落として、リンス・リンナ・リンクが群がるウエハース。

3話.jpg

 画像特に悪くてすみません…なぜかキャプできなかった。

 これは美味しく感じるのは絵の力ではなくて、「リンクスがすぐ食べる」から「美味しいものなんだ」と理解できるわけですね。


 次。『∀』。パン。

 ディアナとロラン.png

 で、『Gレコ』ですよ。Gレコの食事シーンと言えばこれ

3Gレコ.jpg

 パ、パン以外にオードブルもある…!

 じゃなくて、

2Gレコ.jpg
Gレコ1.jpg

 いや、これも美味しそうだけれど。魚の頭はいらないが…船盛り=日本人センスか?


 やっぱりこれですよ。

良い油.jpg

 コロッケ…かな?

 よく分かんらないけれど・よく分からないのにこれは美味しそう。
 
 絵だけでも美味しそうだが、

ベル「そんなに食べていいのか?」
ノレド「ここの油良いもの」

 ってセリフがあるんですよね。

 つまり「食用油が良質ではない地域もある」ことを明示しつつ、「海賊・及びそのバックは食料豊富(かもしれない)」ことを匂わせつつ、料理を引き立てるセリフにもなっている、と。

 食事にもやっと富野作品らしいスキルが出た1シーンだと思いません?

 ガツガツ食うシーンでは、「ルパン・次元のパスタの奪い合い」や「ドーラ一家の食事」など素晴らしい宮崎アニメのワンシーンがあるので、違うパターンでね。

 また「旨そうな食事」を富野アニメでみたいな。いや、真っ向勝負でガツガツ食うシーンでもいいけれども。



 もしよろしければ、下のブログ村のバナーをクリックしてください。作者のモチベーションがあがったります。
にほんブログ村 アニメブログへ
ROBOT魂(Ka signature) 〈SIDE MS〉 FAZZ

ROBOT魂(Ka signature) 〈SIDE MS〉 FAZZ

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
ROBOT魂 〈SIDE MS〉 RGC-80 ジム・キャノン ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 RGC-80 ジム・キャノン ver. A.N.I.M.E.

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
ROBOT魂 〈SIDE MS〉 フルアーマーガンダムMk-II

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 フルアーマーガンダムMk-II

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア:
ROBOT魂 [SIDE AB] ズワァース

ROBOT魂 [SIDE AB] ズワァース

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
ROBOT魂 [SIDE MS] クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

ROBOT魂 [SIDE MS] クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
ROBOT魂 RX-78-2ガンダム ver. A.N.I.M.E. 劇場ポスターリアルタイプカラー

ROBOT魂 RX-78-2ガンダム ver. A.N.I.M.E. 劇場ポスターリアルタイプカラー

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
ROBOT魂<SIDE MS> ジンクスIV(指揮官機)

ROBOT魂<SIDE MS> ジンクスIV(指揮官機)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
ROBOT魂 <SIDE AB> フォウ

ROBOT魂 <SIDE AB> フォウ

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: おもちゃ&ホビー

nice!(3)  コメント(0) 

富野監督に「オトナの趣味」と言われて却下された、湖川さんのビルバイン初期デザイン [富野関係]

 どうも。今回もサッとお通りのほどを。

 今日…日付変わっているから昨日か、「アキバ総研」さんに『名作アニメ「聖戦士ダンバイン」スペシャルトークショーレポート! 二大アニメクリエイター・湖川友謙&出渕裕が濃厚トーク』という記事が掲載されていました。

https://akiba-souken.com/article/31222/

 この記事の中で、ビルバインのメカデザインも湖川さんが手がけたが、最初に出した案が富野監督から「オトナの趣味」と言われて却下されたことが紹介されています。

 詳細は記事を読んでいただくとして、この「却下されたデザインのビルバイン」は、ぼくの知っている限り2冊で見ることができます。

 1つ目は、ダンバインの『ロマンアルバムエクストラ』に掲載されていたはずです。

聖戦士ダンバイン (ロマンアルバム エクストラ)

聖戦士ダンバイン (ロマンアルバム エクストラ)

  • 作者: 尾形英夫
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1985/06/01
  • メディア: 雑誌



 掲載されていた「はず」と曖昧なのは、ぼくが何度目かの引っ越しの際に紛失してしまったようなので…

 「スーパーロボット大戦Wiki」のビルバインのページには湖川さんによるラフ稿段階のビルバインについて記述があって、

 「機体の腹部が蛇腹状になっている」「ダンバイン強化タイプ、ダンバード、オーラバードという仮称が与えられていた」などの記述がありますが、ソースはおそらくロマンアルバムエクストラだと思われます。

 たしか背中のオーラキャノンは無かったはずです。

 
 この「没案」は湖川さんも思うところがあったようで、『聖戦士ダンバイン ノスタルジア』の中で、

「ビルバインは当初デザインしたものから大幅に変更されたオーラバトラーですね。僕のデザイン案はボツになってしまったので、この本のカバーイラストに登場させてみました」

の一文があります(144P)。

 これが「却下されたデザインのビルバイン」を見られる2冊目です。『聖戦士ダンバイン ノスタルジア』の表紙。

聖戦士ダンバインノスタルジア―Do you remember the tale of Byston Well?

聖戦士ダンバインノスタルジア―Do you remember the tale of Byston Well?

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2000/10
  • メディア: 大型本



 アマゾンのこの画像は、ボックス部分なので分かりませんが…

 表紙にはダンバインとチャムの後ろに、大きく「企画案バージョンのビルバイン」が描かれています。
 表と裏の表紙で1枚になっている…分かりづらい言葉ですまん、もういいや。表1と表4が繋がって1つのイラストになっているタイプです。

 色も含めて、詳細はよく分からない構図・意匠で描かれているので、どのようなメカなのか細かい把握はできませんが…


 ビルバインは世界観がちょっと違うので、賛否両論あるABだと思います。ぼくは好きです。劇中での「見せ方」重視。

 スパロボをプレーしていた遥か昔には、作品への思い入れと・性能の良さで好んで使っていたし。当たる・避ける・クリティカルの3拍子。
 
 今回紹介した以外にも、初期デザインのビルバインが掲載されている雑誌などあれば、情報寄せていただければ当記事に追加しておきます。 



 もしよろしければ、下のブログ村のバナーをクリックしてください。作者のモチベーションがあがったります。
にほんブログ村 アニメブログへ
湖川友謙 サンライズ作品画集

湖川友謙 サンライズ作品画集

  • 作者: 湖川 友謙
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2017/06/30
  • メディア: 大型本
アニメーション作画法―デッサン・空間パースの基本と実技

アニメーション作画法―デッサン・空間パースの基本と実技

  • 作者: 湖川 友謙
  • 出版社/メーカー: 創芸社
  • 発売日: 2007/04/01
  • メディア: 大型本
リアルポージングロボット 聖戦士ダンバイン 1 ダンバイン

リアルポージングロボット 聖戦士ダンバイン 1 ダンバイン

  • 出版社/メーカー: メガハウス
  • メディア: おもちゃ&ホビー
リアルポージングロボット 聖戦士ダンバイン ビルバイン

リアルポージングロボット 聖戦士ダンバイン ビルバイン

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: おもちゃ&ホビー
ROBOT魂 [SIDE AB] ズワァース

ROBOT魂 [SIDE AB] ズワァース

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
リアルポージングロボット 聖戦士ダンバイン ビアレス

リアルポージングロボット 聖戦士ダンバイン ビアレス

  • 出版社/メーカー: メガハウス
  • メディア: おもちゃ&ホビー

nice!(5)  コメント(0) 
前の2件 | -